第二次世界大戦の戦闘の中でかろうじて原形をとどめた公益質屋跡、1929年に政府の融資を受けて設立された村営の金融機関でした。当時は世界恐慌期で村の財政も村民の生活も苦しく、高利貸しの暴利に泣く貧民を救うための施設でした。生々しい弾痕が戦闘の激しさを今に伝えています。

    公益質屋跡

    営業時間 
    休日   なし
    料金