1953年(昭和28年)の土地収用令から、米軍は真謝・西崎区からブルドーザーで住宅を壊し農作物を焼き払いました。長い土地接収、米軍演習の中で、多くの犠牲者をだした苦しみを乗り越え、1961年(昭和36年)に「伊江島土地を守る会」を結成するとともに「団結道場」を建設し、戦いを引き継ぐ多くの青年を教育してきました。

    団結道場

    営業時間 
    休日   なし
    料金